ヒナでのお迎えについて~さし餌、保温、お世話~

お迎え

こんにちは!ぽんずです

ぽんず
ぽんず

今回はヒナでのお迎えについて。私自身はヒナでお迎えをしたことがありませんので、今回は鳥さんへの知識も豊富で、さし餌経験が多い鳥友さんにご協力いただいて記事を書いていきます(紹介は後ほど)

お迎え前に知っておきたい情報をすべて詰めました。長いですがゆっくり読んでヒナのお迎えについて考えていただけたら幸いです

ヒナでのお迎えについて

どのくらいの子がお迎えにいいか?

最初の挿餌の子は1日に5回とか挿餌をしますが、そのくらいの子をお迎えしてちゃんと育てるのは非常に難しいですし(経験者ならまだしも…)、つきっきりで見ていないといけないので長時間、長期間家にいられることが条件になるでしょう

ですので、ヒナでのお迎えを検討しているならば、一人餌になる直前の朝夕の2回挿餌くらいがお迎えしやすいと思います。

そのくらいだと、お迎えして大体2,3日くらいで一人餌に目覚める子も多いですね
少し挿餌も楽しめて、身体もだいぶ出来上がっているので落鳥の可能性も比較的低いしちょうどいいのかな、と思います

仕事をされている方でもお迎えしやすいですね

ちなみに、もっと言ったら、私は一人餌の子の方がいいと思っています

ぽんず
ぽんず

私は以前飼ってた文鳥も今の子も、一人餌でのお迎えでした。最初は手に慣れる、信頼関係を築くのに時間がかかりましたが、そのあとは比較的スムーズに仲良くなったと思います

ヒナでお迎えするのは、あり?なし?

なし、ではないですが、きちんとしたペットショップやブリーダーさんからお迎えして欲しいと思いますね

たまーに聞くのが、もう一人餌くらいの子なのに「挿餌〇回必要」とか、逆にさし餌の必要な月齢のヒナなのになぜか一人餌が与えられていたり、保温についての説明が全然されていないとか、ショップ側の説明はどうなってるの??って話を聞きます

店員さんにしっかり鳥の知識がある、さし餌の方法をしっかり教えてくれる、ヒナでのお迎えについてしっかり説明ができるショップからお迎えして欲しいです

こんなショップはオススメしません
  • さし餌(フォーミュラやあわ玉)が、ケースに放置されている
  • あわ玉しかあげていない
  • 保温がきちんとされておらず、寒そう
  • ヒナの育て方について質問してもきちんと答えられない
  • 鳥の飼育に詳しくない

それから、以前は主流だった「アワ玉」は栄養が足りないので今では主流ではなくなり、栄養がしっかりしている「フォーミュラ」または「パウダーフード」(ペレットの挿餌用の商品)が主流です

こちらをあげていない、フォーミュラ、パウダーフードを知らないショップからのお迎えは避けた方が無難だと私は思います。

オカメインコは特に一人餌になってからのお迎えを推奨

オカメインコ

オカメインコのヒナは、特に挿餌が難しいと言われています

というのも、1歳になるまではとにかく身体が弱い子が多く、環境が変わると食べなかったり、さし餌の際に病気で亡くなる子も多いのです(ロックジョーという病気があり、クチバシが開かなくなっていく症状があります。オカメインコに特に多く、他の鳥さんではあまり見られないようです)

ボルデテラ感染症

最も感受性の高い飼い鳥は、オカメインコです。この他にもフィンチ類やセキセイインコ、コンゴウインコでも報告されています。

最も特徴的な症状は、”ロックジョー”です。これは額関節が硬直し、顎がロックしたように開かなくなるため、このように呼ばれています。この症状と同時に眼瞼が完全に開かなくなり、眼を細めたような顔になります。また鼻炎や副鼻腔炎、結膜炎、口内炎なども併発します。

横浜小鳥の病院 HPより引用

ショップでもお世話が難しいと言われており、特にお迎えして環境が変わったことにより食べない子が多いです

それで体重が減少して病院で給餌してもらったり、入院するケースもあります。

さし餌がなかなか切れず体重の増減で苦労したり、温度変化に弱かったり、人がいないとごはんを食べなかったり、とにかく手がかかり気も使うそうです(経験者の皆様の話を総合するに)

なるべくつきっきりで見られる方でないと難しいのかなと思いますね

1歳を過ぎると性格的にも図太くなり、身体も丈夫になるようですが、1歳になるまでは注意が必要と言われています

そんな鳥さんですので、さし餌の経験があるならまだしも、初心者でさし餌からお迎えするのは推奨しません

お迎えを検討している場合は、是非ショップで相談してみてくださいね

ヒナの栄養・食事について

※写真は無関係のイメージです

以前は鳥さんのヒナに何をあげていいかはっきりわかっておらず、挿餌の温度もわからず苦労したそうです。
そんな中で編み出されてのが「アワ玉(ムキ粟をお湯でふやかしたもの)」でしたが、アワ玉では栄養が足りなかったため、栄養不足の子や最悪落鳥する子もいたのではないかと思います

そんな鳥さんの栄養不足を解消するために、生み出されたのが「フォーミュラ」です。

フォーミュラにはヒナの身体をつくるために大切なタンパク質やその他必要な栄養がしっかり入っています
このフォーミュラの開発によって、ヒナの生存率もぐっと上がったようです

レアカラーのインコさんは育たたないとか弱い、とか言われたそうですが、それは昔の栄養の足りない食事で生きられなかったのだと思います…
今は栄養価の高いフードがありますので、元気に育ってるのだと思いますから弱いとかはあまり関係ないのではないか?と個人的には思っています

それくらい食事は大事です。
ヒナの頃の栄養が十分だったか否かは、その子の成長や身体の健康に影響してきます

ヒナからでないと懐かない?

うちの子は生後3か月でお迎え

これもよく言われますが、まったくそんなことはありません

むしろ、ヒナからお迎えしてさし餌もしたのに、全然手に慣れてくれない、荒鳥(手に慣れていない鳥さんのこと)だよ、なんていう人もいます

懐く懐かないと言いますが、さし餌したから懐くのではないですし、一人餌くらいになった時に飛び始めること、あと最初の一次成長期がやってきて「イヤイヤ期」が始まります。

自我・個性が形成される時期で、世話をしてくれる「親」から、遊び相手「パートナー」に、愛着対象が切り替わる時期。自分と外の世界の区別を知り、テリトリー意識をもつようになるのもこのころ。

磯崎哲也著 幸せなインコの育て方 大泉書店 44Pより引用

ここでしっかり向き合わないと、さし餌したとしても手から離れた子になってしまいます
あんなにベタベタだったのに、急にそっけなくなった、おさわりやだっこができなくなった…なんて話もありますが、それは大人になっている証拠です。
その子の成長を受け入れて、しっかり接してあげればまた心を開いてくれるようになるはずです

信頼関係の築き方はこちらの記事をどうぞ

大きくなってからお迎えするケース

成鳥をお迎えする人もいれば、私のように生後3か月や生後半年以上でお迎えする人もいます。

特に中型大型のインコ、オウムならばヒナからのお迎えの方が稀で、大体は大人になった状態でのお迎えが多いと思います

大人になったインコ、オウムの方が性格もはっきりしてますし、相性もわかりやすいと言われています

きちんと向き合えばしっかり信頼していい関係を築けます

実際私の鳥友さん、Twitterのフォロワーさんの中でも挿餌からではなく、一人餌だったり成鳥の子をお迎えして、本当に仲良く暮らしている方はたくさんいます。
「ベタ慣れ」(あまりこの言葉好きじゃないですけど…)ですよ(n*´ω`*n)

ですので、年齢とかあまり気にせずに自分の本当にビビッときた子をお迎えして欲しいと思っています

ヒナからではなく、一人餌になった状態でお迎えしたい場合に、ショップはお預かりサービスはあるのか?

残念ながら…あまり行っていないショップが多いようです…

聞いた話によると、お預かりサービスをやっていたがお迎えに来ない、前金制度にしても迎えに来ないなどがあったため、お店としてもお預かりサービスをやめざるをえなかったところが多いようです

少ないようですがやっているショップもありますので、店員さんに聞いてみてくださいね

あとはブリーダーさんからお迎えするなど他のお迎えの方法もありますので、いろいろ検討されるのもいいかと思います

お迎えする前に、病院の目星をつけておく

ヒナでもヒナでない子でも、お迎え前に何かあった時にすぐ連れていけるように、前もって病院は調べておきましょう

鳥が診られる、と書いてあっても実際は診られない(ちゃんとした診察ができない)病院もありますから、何件か目星をつけておきましょう。
病院のHPに鳥さんの病気や飼い方についての記載がある、レビューに実際に診察してもらった方の書き込みがあるなどを参考に探してみてください

鳥が診られる病院は少ないです。車や電車で30分~1時間以上かかる場合が多いです。範囲を広げて探してみてくださいね

ヒナは特に体調が急変したり、さし餌の問題で病院にかかることもあるかと思いますので、必ず連れていける準備はしておいてください

ヒナのお世話について

オススメの飼育書

ヒナのお世話について詳しくしっかり載っていてオススメなのは「かわいいインコの飼い方・楽しみ方」です

かなり前からある本ですが、ポイントをしっかり押さえているのでヒナからのお迎え時の心強い味方になってくれるでしょう

それ以外にも、鳥さんのお迎え前には何冊か飼育書を読んでからお迎えしてください
ぽんずオススメの飼育書はこちらをどうぞ

ぽんず
ぽんず

ここからはさし餌経験の多い鳥友さんからご提供いただいた情報を元に、解説していきますね

らんまるさーん、よろしくお願いいたします!

※今回のさし餌のやり方の解説は、主にインコさん用です
フィンチ(文鳥など)はまた少しやり方が違うので、別のサイトを参考にしててください。申し訳ありません…

ごあいさつ(免責事項)

この記事の内容はいくつかの飼育本及び専門書、及びペットショップでの5年間の経験などをもとに、あくまでも「一個人の意見」としてまとめたものとなっております。

適正飼育といわれる飼育方法には「間違い」はあっても「正解」はありません。
そのため、以下の飼育方法と同じやり方でなくても必要なことを守っていれば「間違い」ではありませんし、同じ方法を強制するものでもありません。
守っておいたほうがいいことは赤字で記載させていただきました。

ヒナの飼育温度について

ケージ内の環境は30℃前後(28~32℃程度)にする。
羽を広げてワキワキするしぐさ(暑い)や、ヒーター側に寄っていきそこから動かない(寒い)などがないか様子を見ながら、その子やその日の体調に合わせた温度を心掛ける。

お迎え初日など適温がわからないうちは、
お迎えしたショップのケージ内温度に合わせるorとりあえず30℃にして様子見
のどちらかにするのがよい。

あんずさん
あんずさん

さし餌も一度作ってみること、ケージ内の温度もちゃんと30度をキープできてるかを確認してから、鳥さんをお迎えに行ってね

ボクたち、まだ身体がしっかりしてないから、少しでも寒いと体調を崩したり風邪をひいちゃうんだ。場合によっては命に関わるから、必ずできるか試しからにしてね

ぽんず
ぽんず

さし餌も、先にショップで使ってる用品、パウダーフードの説明を受けてから、できるならば家で一度試しで作った上でお迎えした方がスムーズでは?と思います

ヒナに必要な用品は全部揃えて、もう家で完璧にお世話できる状態になってからお迎えしてくださいね。あと何かあった時にすぐ対応できるように、病院も何件か目星をつけておいてください

ヒナのさし餌について

さし餌は基本的にパウダーフードをスプーンで与える。
ヒナが自分でエサを飲み込むことを覚えさせるため、口元に持っていき自分で食べるように促す
(もちろん衰弱したヒナの強制給餌は別だが、誤嚥のリスクも高く専用器具も必要なので獣医師に任せる)。

さし餌にはパウダーフード以外に粟玉を混ぜることがあるが、パウダーフードメインが望ましい。

購入する店やブリーダーに与えている餌を聞き、粟玉のみの所でのお迎えは控えたほうがよい(栄養が足りておらず弱い可能性がある)。

さし餌も味や硬さが変わると食べなくなる、消化ができなくなる可能性があるので必ず同じ商品、同じ硬さを教えてもらい、それを守る。

さし餌の硬さは成長に合わせて少しずつ硬く(水分を少なく)していく。水分が多すぎると水中毒のリスクもある。

ぽんず
ぽんず

水中毒は人間でも死亡のおそれがある恐ろしい中毒です。鳥さんがぐったりしてるなど様子がおかしいな?と思ったらすぐに病院へ!

命に関わります!

ほとんどのパウダーフードのパッケージに硬さの目安の記載はあるが、イースター株式会社、鳥専門店とりっぴーのyou tube動画もオススメ。

見た感じだとイースターの動画の硬さは比較的幼いヒナ、とりっぴーの動画は巣立ち間近のヒナの硬さ。

さし餌の温度について

フォーミュラを溶かすときの温度は50℃~60℃前後(商品の説明通りの温度で溶かしてください)

そこから湯煎しながら40~43℃程度(少しぬるめ~普段のお風呂くらい)までかき混ぜながら冷まして与える(鳥さんの体温くらい)

与える間にどんどん冷めていかないように熱めのお湯を張ったお皿などの中でエサ皿を湯煎して挿餌の温度を保つこと

初めに40℃前後で溶かすとかき混ぜている間に冷めていくので、初めは60℃程度がでつくるといいが、それ以上熱くなると栄養分が壊れていくので注意

与える前に一度自分の手の甲などに垂らしてみて熱くないか必ず確認する。

さし餌の温度を確認するために、クッキングで使用するデジタル温度計を必ず用意し、温度を確認しながら与えるといいです

さし餌が熱すぎる時は首を横に振ってさし餌をまき散らす、冷たすぎるときは食べたがらない、消化不良などがみられるので、ヒナの様子を確認しながら与える。

食べないなーって思ったら、おなかがいっぱいになったのか、冷めておいしくなくなったからなのか、よく注意して見てあげてください

あんずさん
あんずさん

挿餌の温度十分注意をして!熱すぎてもボクたち「そのう」火傷して大けがしてしまうし、冷めててもおいしくないから食べないよ!

たまにボクの仲間がそのうを火傷してそのままお空に旅立ってしまう事故も見るから、必ず手の甲に垂らして確認してね

ぽんず
ぽんず

個体によって熱めが好き、ぬるめが好きとか好みがある場合もあるみたいです。
ショップの店員さんやブリーダーさんに、あらかじめやり方や温度を聞いて、わからなかったらまた聞きに行ってくださいね

異変を感じたらすぐに病院へ!

さし餌の回数について

ひとり餌に切り替わる頃は、毎日しっかり体重を測ろう

完全人工育雛でない場合、最低でも生後3週程度までは親鳥が育てるのがよい。

小型インコでは3週目程度からは1日4回程度のさし餌になる。

早朝(6~8時までくらい)を1回目として、そこから4~5時間程度の間隔で夜まで与える。最後のさし餌から4~5時間程度でそのうが空(そのうを触った時にぷよぷよ感がなくなる)になるので、それを確認してから与える。

そのう内に餌が残っている状態でさし餌を与えるとそのう炎のリスクが上がるので、必ずほとんど残っていない、或いは空の状態で与える。

もし未消化の餌が長時間残ることがあれば、40℃程度のお湯を少量飲ませてそのうの辺りをやさしく揉み、消化を促す。

3週目以降のさし餌の期間は鳥種や個体によって異なる。

さし餌期間の目安
  • フィンチ 生後5週くらいまで
  • 小型インコ 生後5週くらいまで
  • 中型インコ 生後8週~12週くらいまで
  • 大型インコ 生後3か月~長いと半年程度

ひとり餌への移行について


上の表くらいの頃になると少しずつ床をついばむ動作やはばたく動作がみられるようになる。
この行動が見られるようになったら床に撒き餌をして、実際に食べているかどうか様子見をする。

あんずさん
あんずさん

まき餌をするときに、一緒にペレットも床に撒こう。

パウダーフードを食べて育った子なら、味も慣れているからすんなり食べてくれる子も多いはず。

他に粟穂を置いておくのもオススメだよ

初めは遊び食いをしたりして、撒き餌を食べている動作をしていても食べていないことも多いので、そ嚢のふくらみや体重を確認しながら徐々に回数を減らしていく

大体4日~1週間程度くらい?
個体差大だけど撒き餌開始から1~2週間以内にほとんどの子はエサの面は独り立ちが完了する印象

さし餌をやめてそ嚢が空になる、体重が減るようならさし餌の回数は戻す。

ひとり餌に切り替わった後もしばらくは体重の増減やそ嚢の様子の確認は注意深く続ける(飼い主が油断するのかこの時期の落鳥も多いような)。

ぽんず
ぽんず

ひとり餌に切り替わった子は、運動を始めるのでさし餌をあげていた頃より体重が減ります

ですがあまりに減るなら病院に相談に行った方がいいでしょう

もしこの頃に切り替えが上手くいかなくても焦りは禁物
必ずひとり餌に切り替わりますので、焦らず移行すれば大丈夫

そもそもショップ産の子の場合、ほとんどは「目安」の週齢なので、実際はその週齢に達していない可能性もあるし、たまたまのんびり屋さんの可能性も。

ただ、ついばむ動作や羽ばたきがみられてからある程度経ってもさし餌が切れない場合は獣医師に相談する。
(明確な基準があるわけではないし、不安なら早ければ早いほどいいと思う)

毎日体重を測って、どれくらい減っているのか、ごはん(シードやペレット)を測って入れて、夜寝かせる前にもまた測り、どれくらい食べたのかの食餌量を割りだして記録することをオススメします

あまりに食べていないようなら病院で相談を。

この相談先としてペットショップは実際にその子の現状を専門的な知識の元見るわけではないので不適切(体の成長に問題がある可能性がある)。

ひとり餌に切り替わったら次はケージデビュー
ケージデビューの話をまとめましたのでこちらもよければ参考にどうぞ

オススメのケース


㈱三晃商会 パーテーションケース中~大

㈱三晃商会 ルーミィベーシック/パーテーション(別売り)
おすすめポイントはパーテーションがあるところ。
パーテーションケースではパーテーションが付属で安価なところがオススメ。

小型の鳥さんには特にオススメのケースです

ルーミィはパーテーションが別売りで比較的高価だが、全面、上部、中段と開けられるところが多く、スペースも広い。
全面を使うならば小型の鳥さんより中型の鳥さんにオススメです

パーテーションタイプは上のように比較的省スペースで簡単に簡易温室を作れるのでオススメ

温度湿度計は、最高最低温度湿度が記録できるものがオススメです

ヒーターはパーテーションではなくケース本体側にかけるが、暖まらなければパーテーション側でも試す。

ただ、金網タイプではない(暖まりにくい)物で空気穴があれば基本的にどんなものであってもいい。
一般的なプラケース(写真1枚目みたいなやつ)が一番使いやすいと思う。

ケースは広くなくてもよい。ヒナは普通、食べて寝てを繰り返すので運動過剰もよくないので、広さよりも温度の維持を優先する。

ヒナの保温器具、使い方について

基本的には保温電球タイプ、パネルヒータータイプ、暖突の3種類から選ぶ。

保温電球

メリット:成鳥になってからも使える、サーモスタット併用で細かく温度調節ができる(暑くなりすぎない)、空気全体を暖めることができる

デメリット:高価、サーモスタットは別売り、使い方を誤ると危険な場合もある

パネルウォーマー

メリット:温度調節ができる、ヒナに直接触れないので事故の心配は少ない

デメリット:ケースの中に入れて使うことができないので目標温度に達しない可能性がある、空気全体を暖めることができない

熱いかもしれないので、様子を見て温度調節したり、何か(布など)間に挟んで熱くなりすぎないように注意

パネルヒーター(上記に紹介した商品と同じと思われる)

メリット:ケースの中に入れても安全

デメリット:商品によっては表裏で中低温と高温の調節はできるが細かく調節できない

暖突

メリット/デメリット:使用したことがないので不明

プラケースやケージの上部につけて使用するようだが、それ以上は不明のため、暖突を使うならばあらかじめ使用方法を検索してみてください

・保温室のつくり方

暖まらないようならエアコンとの併用を推奨。保温ケースだけで温度をキープするのは難しい時期や地域もありますので、エアコンとの併用をオススメいたします

パターン① パーテーションがあるケースで保温電球を使う場合

ヒーターはパーテーションではなくケース本体側にかけるが、暖まらなければパーテーション側でも試す。

サーモスタットセンサー、温度計はヒーターから離れた位置に置く。
サーモスタットの不具合などに備えて温度計は必ず置く。

パターン② パーテーションがないケースで保温電球を使う場合

ヒーターはブックエンドに掛ける。サーモスタットセンター、温度計はヒーターから離れた位置に置く。

「温室」を作るために段ボールや衣装ケースなどで囲う(空気の通り道として前面や上面などいずれか1面は開けるor空気穴をしっかり作る)

パターン③ パネルヒーターを使う場合

温度計は必要だがサーモスタットは不要。パネルヒーターは底に1枚or底と壁面に2枚(30℃前後がキープできていればよい)設置する。

パネルヒーターは空気自体を暖めにくいので、空気穴以外密閉の空間を作っても季節によってはパワー不足なので暖かい季節や地方でなければ基本的にお勧めしない
もしくはエアコンと併用を。

ヒナをお迎えする際、ヒナとケースなどの用品をすべて一度にまとめて購入しようとする人が多い。
しかし、ヒナは弱い生き物でありわずかな温度変化で死亡してしまうこともある。
そのため、原則として用品を先に購入し、自宅でケージのセッティング及び温度がキープできるか最低で1日、できれば3日程度は様子を確認してからヒナをお迎えするようにしてほしい。

最後に(ごあいさつ)

確かに、現状鳥さんのヒナは販売されていますし、育ててみたいと思う気持ちももちろん間違いではありません。

しかしながら、今回こちらの記事を読んでくださったさし餌の経験がない方は「難しそう…」と感じたと思います。

実際難しいです。
ヒナはひとり餌になってしばらく経った若鳥以降の鳥さんと比べてとても弱い生き物です。

自分で体温を調節することもできないので、飼い主が徹底して温度管理をしなければなりませんし、ご飯を自分で食べることもできません。
これらのやり方を間違えてしまったり、怠ったりするだけで簡単に死んでしまうほど弱い生き物です。

「鳥さんはヒナから育てなければ懐かない」ともよく言われますが、そんなことはありません。結局は飼い主さんの関わり方やその環境、その子の性格次第です

【参考文献】
  • コンパニオンバードの病気百科
  • 小動物 飼い方上手になれる インコ
  • 中型インコ完全飼育
  • 大型インコ完全飼育
  • オウムインコ類マニュアル
  • Companion bird No13、25
  • をメインに他多数
ぽんず
ぽんず

らんまるさん、ありがとうございました!

まとめ

はじめて手に乗ったくらいの頃

いかがでしたでしょうか。ヒナでのお迎えの難しさ、なんとなくわかっていただけたでしょうか?

私は、できるならば一人餌になる直前、または一人餌になったくらいの子をお迎えするのが一番望ましいと思っています

ヒナはたしかに可愛いです。ですがその分育てるのも難しいです

もしヒナでお迎えされるならば、必ずショップでよく説明を受けること、信頼できると思うショップからお迎えすること、何かあればすぐ病院に連れていくことが大事です

今回、ご協力いただいたらんまるさんと、私と同じこと書いてる箇所が何か所かありましたが、2人とも同じ部分で心配していたり、古い間違った知識を払拭したいという思いがあります

何度も言いますが、決してヒナからでないと仲良くなれない、懐かないなんてことはありません。
大きくなっている鳥さんの方が丈夫ですし保温もそこまで気にしなくていいという点もあります

ただ、仲良くなるのにその子のペースもありますから、歩み寄りが難しい場合もありますが時間をかければしっかりこちらの気持ちに応えてくれるようになります

これは、ヒナであっても同様です。きちんとその子の個性や気持ちを尊重し、しっかり向き合えば必ず心を開いてくれるでしょう
私だって、今までお迎えしてきた子たちとはそうして仲良くなっていったのですから。
仲良くなるのに苦労は必須と考えてください

可愛い子との、素敵な出会いがありますことを。。。。

今回の記事を書くにあたってご協力いただいた方のご紹介

今回記事を書くのにご協力いただいたらんまるさん、
快く写真を提供していただいた上、記事へのアドバイスもくれた赫茄子さん、
本当にありがとうございました!

ぽんず
ぽんず

らんまるさんは鳥さんの飼育の知識もさし餌経験もしっかりありますので、もしお困りのことがあった際にはご相談にのってくれるとのこと。
何かあった際は聞いてみてくださいね

赫茄子さんはご自身でもブログを書いていて、そちらで自分のインコさんや飼っている動物の情報を発信していますので、よければそちらもチェックしてみてくださいね

その他こちらの記事もオススメです

タイトルとURLをコピーしました