鳥さんの噛みつき、噛み癖はこうして解決!~噛むのには理由があります~

鳥さんの気持ち、困った解決法
スポンサーリンク

こんにちは!ぽんずです

ぽんず
ぽんず

今回は鳥さんの「噛みつき」についてです。
お悩みの方も多いと思います。鳥さんが噛むのにはちゃんと鳥さんなりの「理由」があります。その理由をちゃんと読み取って、対応できれば鳥さんとの信頼も深まり噛まれることも減少していくでしょう

今回はそれについて詳しく解説していきます

鳥さんの「困った」について

なんでうちの子はこんなに私が困ることばかりしてくるの?いじわるで性格が悪い、頭が悪いの?とか、なんで言うこと聞かないんだろう、とか、鳥だから仕方ない、なんて思っていませんか?

鳥さんは、本当はとても賢いので、ちゃんと彼らなりの方法で気持ちを伝えてきています

それを私たちがちゃんと読み取れてなかったり、間違った解釈をしてしまっていたり、お互いに快適に暮らすための方法を鳥さんにうまく伝えられてなかったりすると、上記のようなことが起こってしまいます

私も最初はどうしていいかわからず、あんずさんに酷いことをしてきたと思っています。無理やりキャリーに入れるとかもしてきましたし…

しかし、ちゃんと鳥さんの出しているサインを読み取り、鳥さんにこちらのして欲しいことを適切に伝える、アプローチすることができれば鳥さんはしっかり応えてくれます

これから鳥さんをお迎えする方や、お迎えしたけどどうしていいかわからない方、現在進行形でお困りの方に向けて、どうやって解決したらいいのか、実際に私がどうしたのかについてお話していきたいと思います(/・ω・)/

噛みつきってどんな理由が考えられますか?

鳥さんが噛むのには理由があります。動機もなく噛むことはまずないです。人も行動には理由を伴いますよね?それと一緒です

大きく分けてこのような理由が考えられると思います

①鳥さんに人が嫌なことをした
②手を噛んだら鳥さんにとって面白いことが起きた
③手を噛んだら鳥さんにとっていいことが起きた
④興奮している
⑤信頼関係がまだできていない、信頼度が低い

鳥さんにとって嫌なことを

こちらは鳥さんのボディサインを読むことで解決できると思います。鳥さんは噛む前にきちんと威嚇したり、サインを出しています。それを無視すると、じゃあ噛むぞ!と実力行動に及ぶわけですね
まずは鳥さんに嫌なことをしないようにボディサインをしっかり読むこと、嫌がってるサインが見られたらスッと手や身体を引くことが大事

手を引いただけで、「こちらにこれ以上嫌なことをする意思はない」と鳥さんに伝えることができます

まずは鳥さんが噛もうとしてきたら避けてください。噛まれないことが大事

噛まれてしまうと、鳥さんも嫌な思いをする(本当は鳥さんも噛みたいと思っていません)し、人も嫌な思いをします。噛むことを強化することにもなりますからまずは避けましょう
再度言いますが「噛まれないことが大事」
避けられない時もあると思いますが、できる限り避けましょう。理由は後述します

②噛んだら鳥さんにとって楽しいことが起きた

②については、飼い主さんは鳥さんを罰しようと思って怒鳴る、睨む、ケージに戻す、真っ暗な空間に閉じ込める、、、、など、嫌だと思うことをしたとします

しかし鳥さんにとって、それは「すごく楽しいこと」だったとしたら?

飼い主さんが大声でしゃべってくれて楽しい、じっと見つめてくれて嬉しい、ケージに戻りたかったからちょうどよかった!、真っ暗な空間にしばらくいたら、飼い主さんがまた構ってくれる、面白いアトラクション…という風に鳥さんは感じているかもしれません

鳥さんにとってすべては「遊び」です。人にとって嫌だ罰だと感じるものが鳥さんもそうとは限らないのです。それよりは「こうしてね」を伝えた方がずっといいです
罰を与えることは逆効果になります。「正の強化」を用いて鳥さんとよりよい関係を築きましょう

手を噛んだら鳥さんにとっていいことが起きた

③も②と同様ですね。
鳥さんを罰しようとタオルで包む、手から降ろす、クチバシをぎゅっとするなど。
これ全部鳥さんの好きなことだったら?

鳥さんからしたら楽しい、またやりたい、またやってよ、と同じように噛むことでしょう。噛んだらタオルで包んでもらえる、手から降ろしてもらえる、クチバシをぎゅってしてもらえる。
その結果を引き出すためにまた同じように噛むことでしょう

罰を与えることは逆効果になります。「正の強化」を用いて鳥さんとよりよい関係を築きましょう

④興奮している

まず興奮しているときに手を出さないこと。

人も不機嫌だったり怒っている時に話しかけて八つ当たりされたりすることありますよね(;^ω^)
あれとおんなじです。こうなったら落ち着くまでそっとしておきましょう

ほかにおもちゃで遊んでいて興奮してくる、手で一緒にプロレスのように遊んでいて興奮してガブリ…なんかもよくあると思います

興奮しすぎたと思ったら手を引っ込めてクールタイムを作りましょう

その際タオルを渡してそっちを噛んでもらうとか。
とにかく手を噛ませないように気を付けるのが大事です

⑤信頼関係がまだできていない、信頼度が低い

鳥さんは信頼関係ができてない場合、近寄らないで!さわらないで!!と威嚇したり噛んできたりすると思います。
人だって知らない人からいきなり近寄られたり触られそうになったら嫌じゃないですか?あとぐいぐい来られたりするのも嫌じゃないですか?

まずはゆっくりお互いを知って、親睦を深めていきたいと思いませんか?そんな感じだと思うんです

こちらについては信頼関係を構築するとともに、信頼貯金を貯めていきましょう

信頼貯金が貯まれば、鳥さんはこちらのことを信頼してくれるし、多少の鳥さんが嫌だなと思うことも許容してくれるようになります

解決法は?

さて、解決法です。

答えは

「鳥さんに噛ませないようにする」
「鳥さんのボディサインを適切に読む」
「興奮してきたらクールタイムをとる」
「バードトレーニングを通して信頼関係を築く」

です

ネットでよく言われる「噛まれたら息を吹きかける」、「手を揺らす」など。
これらは「対処法」としては間違ってないこともあるのですが、「解決法」としては機能していません

なのでこれらをしたところで解決には至らないのです
そうすることで噛んだままのクチバシを離してはくれるとは思いますが、「噛む」という行動がなくなるわけではありません。

「望まない行動はノーリアクション」?

まず、本には「望まない行動にはノーリアクション」と書いてあることがあります。
噛まれてしまったならばノーリアクションがたしかに大事です(反応してしまうと面白がらせてしまって、「またやろう」と思わせてしまうかもしれないので)

ただ、ノーリアクションでは解決法にはなっていないのです。
鳥さんが噛むのには理由があり、理由として考えられるものは先にて解説してきましたが、その理由が解消されない限り鳥さんは噛んで気持ちを伝えてくることになります

なので、ノーリアクションではなく、鳥さんがまず噛むような状況を作らないことが非常に大事です。
全てはここに集約されます。それについて詳しくは下にて解説していきますね

①真の解決法は鳥さんに手などを噛ませないようにする

はい、鳥さんに手などを噛ませないようにすることがまず一番大事です

そんなこと言っても向こうから勝手に噛んでくる!と思われてる方多いと思います
しかし実はそこにはちゃんと理由があるのです

人も動物も行動を起こす時に、理由なく行動をすることはないので、その行動をするのにはちゃんと理由があります
一見理不尽に見えることでも、鳥さん目線で考えればわかることもあるし、人からはわからないけれど何か理由があって噛んでくる、という時もあります

それで。

噛まれそうになった時、私がするのは。

「手を引っ込める」「手に乗ってきて噛もうとしてきたらすぐ降ろす」です

そうすることで「鳥さんに手を噛ませない」ようにしています

なぜかというと、手を噛んでしまうと「手は嫌なやつ!」「手が逃げないから自分も交戦体勢になった」と鳥さんに思わせてしまうかもしれないから

鳥さんは、仲いい相手といる時はくっついてる時もあるけど、複数羽いる時はこんな感じでソーシャルディスタンスを取っている場合も多いと思います。
実際にソーシャルディスタンスを取っている鳥さんを見たことがある人も多いはず

これは、お互いに距離を取っていて、これ以上は近寄らないでね、っていう心の距離なんだと思うんですよね。それより近づくと近づかれた方が後ずさりしたり、逃げたりすると思います

鳥さんにとって、距離ってすごく重要なことなんです

話を戻します。

私がなぜ「手を引っ込める」「噛ませないように」しているかは。

ここです。

「近づかれたら後ずさりしたり、逃げる」

相手に「自分に交戦する意思はありません」「私は無害です」と伝えているんです

すると、鳥さんもわかってくれるのでそれ以上追われることはありませんし、噛みつきもなくなります
まずは自分に戦う意思も、何か危害を加える気もないよと伝えましょう

噛まれそうになったら手を引っ込める

これが本当に大事です。
先にも書きましたが鳥さんはソーシャルディスタンスを大事にしているし、その距離が近づいたら交戦開始!になります。よくクチバシでケンカしてるの見ますよね

でもケンカになる前に逃げればケンカにまで発展することは少ないと思います

そんな感じで、人も威嚇されたら手を引っ込める。顔を近づけていたなら顔を引く

これだけで鳥さんには「こちらに交戦の意思はない」ということが伝わります。

すると、「鳥さんは自分にこれ以上嫌なことをするわけではない」と理解します→この人は危害を加えてくる嫌な人じゃない→信頼につながります

信頼関係がしっかり築かれていくことで、鳥さんの方も「以前はケージは自分のナワバリだったから手を入れて欲しくなかったけど、仲良しだから入ってもいいよ」、「ごはんを取ると思って噛んでたけど、そういうわけじゃないんだよね」…という風に多少のことは受け入れてくれるようになります

信頼関係がなにより大事

「鳥さんに嫌なことをしない」というのは、

人から)嫌なことをされないという安心につながる→安心は自信につながる→ 信頼関係が深まる

信頼関係が深まると、多少の嫌なことも受けいれてくれるようになります。→噛みも減少します

しかし、鳥さんに無理やり何かをしたり、鳥さんにとってすごく嫌なことが起きれば、信頼貯金が一気に減ります。
信頼貯金が減れば信頼関係が崩れるわけなので また噛むようになったりします

その場合はまた信頼関係の構築から始める必要があります

具体的に嫌なことをしないってどういうことかと言うと。鳥さんのわがままにすべて付き合えばいいというわけではなく。

こちらの伝えたいことを鳥さんに的確に伝えること。そのためには鳥さんの周りの環境を変えることで、伝えやすい状況を作るのが大事です

それには「応用行動分析学」の考えを用いるのですが(ここに書いてるのもその考えがベースにあります)、詳しくはこちらの記事の方にて解説しているので是非お読みください
環境を変えることについて、最初に詳しく解説しております

興味本位で人の足とか指を噛んでくる場合もありますよね

そういう場合も、まず噛んできたら他のおもちゃなどを渡してそれ以上噛まれないように距離を取りましょう。噛んだら「これは面白い!」と思わせないようにします

他に足ならば靴下を履くなど、噛まれることに対する対策をすぐ行いましょう。
この時鳥さん側に噛まないように教えよう、というのは難しいです。鳥さんは楽しくてやってるのであって、悪いと思っていないから

人側が周りの環境(靴下を履く、噛まれないように距離を取る、他のおもちゃのが楽しいよと誘導するなど)を変えることで対応するのがオススメです

耳たぶを噛んでくるのはなぜ?

いろんな理由があると思いますが、もしかしたら構ってほしくて噛んでるのかもしれないし、暇で噛んでるのかもしれない、耳たぶの感触が楽しいのかもしれない

いずれにせよ放置していいものではないので、

・まずはタオルなどを首に巻いて物理的に噛めないようにする
・噛んできたら違う遊びに誘う
・または離れたところでおやつをあげる

など、そこから離れてくれるように仕向けるのがオススメです

噛むのは鳥さんからのSOS

噛まれて痛いのは私なのに!と思われる方も多いと思います

でも、実は噛むというのは鳥さんからのSOSなんじゃないかな、と私は思っています

噛むって、人は簡単に言うけど、鳥さんからしたら攻撃手段がクチバシしかないので噛むというのは相当嫌なことがあったり怒っていないとやらないと思うんです

鳥さん同士でケンカをするとき

まずは距離を縮めて、相手が後ずさりしたり、逃げたらそれでいいし
逃げなかったら威嚇して、それでも逃げなかったらケンカになる(噛む)わけです。

ケンカになる(噛む)までに、実は多くの段階を踏んでいるんですよね

それくらい、鳥さんにとって噛むということは、強いメッセージを伝える時にしかしないということなんです…

逆に言うと、それくらい強いメッセージを相手に伝えているとも言えると思うんです

「うちの子噛むから」って言うのは簡単だけど、鳥さんは何か嫌だなと思うことがあって、それで噛んできてるのかも。
何かストレスを感じている、飼い主さんの何かが嫌とか、不満があるとか。

人側が悪気なくやっていること、良かれと思ってやっていることが、もしかしたら鳥さんにとっては嫌なことなのかも。

たとえば無理やり掴む、嫌がっているのにカキカキする、尾羽とか触ってほしくないところにタッチする、など

ほかにも無理やりケージに戻したり、無理やりキャリーに入れたり、鳥さんの気持ちを尊重せずにこっちの都合で「無理に」何かをすることは鳥さんが強くストレスを感じることでもあります

こういったことをすると鳥さんとの信頼関係が崩れるので鳥さんが飼い主さんに対して不信を抱くようになるきっかけになります
すると、鳥さんは何もしてないのに噛むようになります
(自分の経験談より)

ほかにも鳥さんがストレスを感じることがあると、それが噛みつきという形に表れている場合もあると思います
そこを解消してあげることで、今よりずっと関係が良好になると思います

無理やり鳥さんに何かすることは、信頼関係を大きく損なうことになるので、できれば鳥さんが自発的にケージに戻ってもらえる、キャリーに入ってもらえる、など、自発的にしてもられるように日頃からトレーニングしておくことが大事だと思っています

↓の記事にて鳥さんが自分でケージに戻ってもらうにはどうすればいいのかについて解説しています

噛むということは、鳥さんからのSOS。
「これくらいなら痛くないから噛まれても平気」ではなくて、ちゃんと鳥さんの出している声に耳を傾けてあげて欲しいです
でないと鳥さんはもっと強くSOSを出してきます。伝えようとしてきます

強く噛んだり、大声で叫んだり。

そうなる前に、小さなサインからしっかり気づいてあげたいですよね

②鳥さんのボディサイン、ボディランゲージを読み取る

鳥さんの出しているボディサイン、ボディラインゲージを適切に読み取ることが大事です
まずは鳥さんのことを観察!観察!!

ちゃんと鳥さんは自分の気持ちを行動で表してるんですよね。
たとえば「美味しそうなおやつが目の前にあるとき、瞳が輝いてる!」「ケージから出して欲しいときは鳴いたり動きでアピールしてくる」など。

実はそんな感じで「嫌なときのサイン」もしっかり出してるんです

・後ずさりする
・クチバシを開けて威嚇する
・飛び去る
・背中を向ける、目線をそらす
              …など

このサインをしっかり見て気づいてあげられれば、

「今は嫌なんだね」

手を引っ込めることができます
他にもおもちゃを見せていたならばそのおもちゃを隠すとか、嫌な思いをさせないように人側が対応することができます

そんな風に鳥さんの気持ちを尊重してあげることで信頼向上につながります。
ひいては噛まれずに済む。お互いに嫌な思いをしなくて済むということになります

ボディサインについては長くなったので別の記事にて解説しました
ボディサインは人間同士が「空気を読む」のと同じくらい大事なことです。是非知って欲しい大事な話です(/・ω・)/

こちらの動画の中でもボディサインの解説がありますのでよければご覧ください
非常にわかりやすく解説されています

③鳥さんと遊んでいて噛まれる場合はクールタイムを

先にも少し書きましたが、遊んでいて興奮してきて噛まれるって、けっこうあるあるだと思うんです

鳥さんと一緒に手を使って遊んだりプロレスごっこしたり(これはローリーさんとかシロハラさんなどに多いかな)する場合に、だんだん目がすわってきて興奮してきたな…と思ったらその遊びを一旦切り上げてクールタイムを作りましょう

または他の遊びに誘うようにしたり、手ではないおもちゃを差し出したり、まず興奮する状態を作らないようにするのがオススメです
手を使って遊んでいた場合は手を鳥さんから少し離してみるといいです

興奮してきて噛んでしまった場合、ここで一緒の遊びは一旦中断になりますよね。そうすると鳥さんにとっては「楽しい遊びの終わり」「飼い主さんがリアクションする→面白い遊び」となります

「楽しい遊びの終わり」は鳥さんにとって遊びが終わるので鳥さんは残念な思いをしますよね

「飼い主さんがリアクションする→面白い遊び」は噛むことを楽しい遊びと間違って認識してしまうので、よくない状況を強化してしまうことになります

なので…「興奮してきたら少し距離をとってクールタイム、または別の遊びに誘う、または手以外のもので遊ぶ」のがオススメですよ

我が家は興奮してきたらおもちゃに当たってもらっています。ボタンインコは「ダッシュ噛み」をすると言われますが、我が家もあります
興奮してきたらおもちゃに向かってダッシュ噛み!あれはダッシュっていうかジェットのようなのでおもちゃが吹き飛ぶこともあります(苦笑)

そのあとはケロッとしているのでこの方法を採用しています

④バードトレーニングを通して噛みつきを改善していこう

噛みつきを改善するには、上記の解決法プラス、クリッカートレーニングが有効です。
クリッカートレーニングによって鳥さんと人と正しい距離感を学びつつ信頼関係を築いていきましょう

クリッカートレーニング?と思われる方もいるかもしれません。
クリッカーとは、「音が鳴る道具」のこと、音が鳴ったらおやつ(ご褒美)がもらえるというルールを鳥さんと人の間に作ることで、鳥さんにいろんなことを教えることができる遊びのようなものですね

人慣れしていない鳥さんにも有効なトレーニングです
こちらの記事にして詳しく解説しました

楽しいので是非とも一緒に遊んでみて欲しいです

一番いいのは噛まれることを「恐れる」ことではないか

つい鳥さんにしつこくしすぎて「噛まれた」、興奮しているときに手を出して「噛まれた」
私は「噛まれた」を軽視しがちなのではないか?と思うのです。

鳥さんが噛むというのは相当なことだと思うんです。鳥さん自身も本当はよほどのことがないと噛みたくないし噛まないはず。
それが起きるということは、相当なことがあった、ってことなんです

噛むくらい嫌なことというのは鳥さんも覚えていて、フラッシュバックのように起きる気がしています(あくまでこれは私個人の意見)
それで思い出し噛み…なんかもある気がするんです

なので、そんな思いをさせないように、「噛ませない」「噛む理由になることはあらかじめ取り除いておく」ことが大事ではないかと考えています

もちろん親愛を表す意味の甘噛みはありだと思います。
そうではなく、威嚇からの本気噛みをさせてしまうような事態は避けたいなと。

もっと鳥さんが強く噛むことへの認識を、人側が改めるべきではないかと、私は思っています

噛みつき改善に、 個別相談をお願いする 、バードトレーナーのセミナーに参加する

どうしても悩まれているならば、バードトレーナーさんに相談してみるのがオススメです
応用行動分析学の考えを用いつつ、豊富な経験からしっかりアドバイスをしてくださいます

なによりこちらの話をしっかり聞いてお話してくれます。
悩まれている場合、話を聞いてもらうだけでもだいぶ違うと思うので、一度相談してみると気持ちも整理できますし見えてくることもあると思います

一人で悩むより、相談できる相手に相談した方がずっといいですよ

セミナーの情報は各先生のHP、こくちーず、SNSなどで告知をしていますので、是非検索してみてくださいね
セミナー…?と思われるかもしれませんが、鳥さんともっと仲良くなるための情報満載のセミナーです。決して怪しいものではありません(笑)

こうして今鳥さんの困った、について解説しているのも、元々はセミナーに参加したことで知ったこと、理解したことをお話しているわけです
知ることで得られることがとても多いです。是非参加してみてくださいね(/・ω・)/

今回参考にした書籍のご紹介

インコ&オウムのお悩み解決帖

バードトレーナーの柴田さんが、birdsgroomingshop に勤務されていた際の個別相談の内容をまとめたものです

毛引き、自咬、噛みつき、呼び鳴きなど、飼い主さんのお悩みに寄り添い解決法を提案し、改善していった話が掲載されています

お悩みの方に非常に参考になる本だと思います。また、今困っていなかったとしても今後のために読んでおくのも非常にいいですよ

漫画で楽しむ インコと飼い主さんの事件簿: トラブル事例から予防、回避術 満載

こちらも非常にオススメです。まず手にとるならこの一冊!

まとめ

まーた長くなりましたが、よく言われる「鳥さんが噛むのには理由がある」「噛ませないようにするのが大事」という理由、わかっていただけたでしょうか?

私もわからなくてずっとモヤモヤしていましたが、今回鳥友さんの協力のおかげでやっと理解することができました

「噛ませないようにする(鳥さんに嫌なことをしない)」

「興奮してしまったら距離を取ってクールダウンを」

「ボディサインを読むことで鳥さんが嫌と感じる瞬間を回避できる」
↓   ↓  ↓  ↓

そうして信頼関係を深めることが一番大事

そのほかもっと詳しいことや具体的な解決のケースについてはぜひ紹介した本だったり、バードトレーナーさんが開催しているセミナーに参加して聞いてみることをオススメいたします

同じ悩みを持つ人も参加しているので一緒に話し合いもできますし、動物を飼うのに大切なことは「相談できる人がいる」だと思うんです

なのでそういう出会いもそうだし、自分の悩みを解決するために行動することも非常に大事です。
私もそうやって今ここにいるわけですからね(/・ω・)/

少しでもお役に立てましたら幸いです

読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました