うちの子の病院記録~マイコプラズマだった頃の話~

病気について

こんにちは、ぽんずです

ぽんず
ぽんず

今回はあんずさんがマイコプラズマだった時の話です。
けっこう聞かれるので早めにまとめようと思って遅くなりました。マイコプラズマからくる副鼻腔炎で、治療した話です

あんずさんがマイコプラズマだった頃の話

発症

まず、お迎えしてすぐに病院に連れていこうと思っていたのですがいろいろありましてお迎え健診に連れていけておりませんでした

(これからお迎えする人は、お迎えして2週間以内には必ず健診に連れていきましょう…。病気がもしある場合、早期発見早期治療が非常に大事です
あと先住の鳥さんがいるならば必ず隔離して病気がないことがわかるまでは接触はさせないにしましょう。接触してしまうと病気がうつる可能性があります)

いつ感染したのかはわからず、ペットショップの頃から持っていたのかもしれないし、他に理由があったのかもしれません
保温がうまくできず試行錯誤していた頃なので寒くて抵抗力が落ちて感染したのかもしれません…が原因はわからぬままです

症状としてはくしゃみをしてました。1日に数回してたと思います。毎日だったかな…

あと目のまわりのアイリングが少し赤くなっていました
写真わかりにくいですが丸で囲ってる部分がうっすら赤くなっています。頭の掻きすぎでアイリングも赤くなったのだと思われます

クチバシの付け根が赤いのも気になっていて、他のボタンちゃんが口を開けている写真を見て、クチバシの付け根が白っぽいから「あれ!?」って思ったりしてました

鼻水はなくくしゃみとアイリングの赤みとクチバシの赤みだけでした。あんずさんはマイコプラズマによって副鼻腔炎のような症状が出ていました
これは鳥さんによっても出る症状が違いますのでおかしいなと思ったらすぐ病院へ。

鳥さんの病気のサインについてはこちら

近所の病院に健診に連れて行きましたが鳥が診られるとあったのに全然診られなくて。
がっかりして家に帰り、今は寒い(※12月)から暖かくなったら鳥専門病院に連れて行こうと言って、結局3月まで病院に連れていけませんでした
今思えばもっと早くに連れていくべきだったと後悔しています

その間もくしゃみをしていたような気がします。

病院へ

やっと鳥専門病院に連れていって、いろんな話を聞きました

あんずさんは多尿でして、多尿の原因として考えられることが書かれたプリントを渡され、それを元に原因と思われることについて丁寧に説明してくれました

そのあとに、気になる仕草があると先生に動画を見せたんです(発情してダンスを踊っている動画でしたが当時は発情なのか判断できなかったんです)。

そしたら。

「マイコプラズマの疑いがある。遺伝子検査しますか?」と。

先生に言われました。
どうやら発情の仕草の時に頭を掻きすぎなのでおかしいとのことでした。それと多尿が重なって、疑わしいと思ってくれたのだと思います

ダンナに相談したら速攻で「検査してもらおう」と。PBFDとCHL(クラミジア)も検査してもらったのでお会計は1万超えでドキドキしました(汗)持ち合わせがあってよかった…

検査の結果

検査の結果、マイコプラズマ陽性でした

陽性ということで、先生から治療について書かれたプリントを頂き説明してもらいました

マイコプラズマとは?の説明もありましたが今回は省きます。かなり説明が面倒なので気になる方は「マイコプラズマ インコ」でぐぐってみてください。
ちなみに人獣共通感染症なので人間もマイコプラズマにかかることがあります

病院で説明されたのは

・当院での完治率80%

・ネブライザーを使った治療

・点鼻薬と鼻腔洗浄をすること

・治療は1~2カ月くらい

・マイコプラズマに効く抗生剤の説明

だったと思います。治療しますか?と聞かれたので「お願いします」と伝えました

治療

ネブライザー受けてます(ヤマト関係なし)

治療は週1だったか2週に1回だったか忘れましたが病院に通ってネブライザーをしていました

ネブライザーをするのにケースにあんずさんを入れて、管からケースにシューっと白い煙?を注入していました
終わったあとは少し濡れたようになっていて、少しぼーっとしたような茫然としたようなあんずさんが、先生に掴まれて大人しくキャリーに入っていきました(笑

点鼻薬も渡されて一日3、4回だったかと思いますが点鼻するように言われましたが点鼻できたのは1回だけであとは薬を見ただけで逃げるようになりました…(ちなみに今も)

あと飲み薬(抗生剤)を水に混ぜて与えていたようです(全然覚えてない)。
水を飲むのを嫌がった覚えはないので飲んでくれたんだったかな…当時のメモには水が黄色いけど普通に飲んでくれてると書いてありました(;^ω^)

ネブライザーをしてもらった後に鼻腔洗浄(生理食塩水を鼻の穴1つずつに通して鼻腔を洗浄すること)をやってました

鼻の通りも悪くなく、鼻に詰まったカス?とかも出てきていましたね

鼻の通りも悪くないから大丈夫だね、的なことを言われたのを覚えています。
重症な子は鼻の通りが悪いのかな?あんずさんが鼻水を出しているのはマイコにかかっている間も今まででも見たことがないと思います

他に保温もしていました。大体27度で保温していましたがくしゃみをしているなどの症状があるときは設定温度をあげていました
全然気づいてなかったんですがいつも膨らんでて寒かったんだと思います。
放鳥時はいつも膨らんだ姿しか見たことなかったからそれがデフォだと思い込んでたら全然違くてショックを受けました…

保温についてはこちら

治療をはじめてみるみる元気になったのを覚えています。本当はこんなに元気な鳥さんだったんだねーなんて話した気がします(もともと元気だったけどもっと活発になりました)

鼻の奥は複雑な構造をしているため、薬剤などが届きにくいので完治率が80%なのだそうです。鼻の奥に菌が残ってしまい取り切れない場合があるのだとか。。。

幸いあんずさんは通いきる頃にはすっかり元気になって、鼻腔洗浄をしても特に通りが悪いということもなく。おそらく治ってるだろうから治療は終了でいいでしょうと言われたと思います

先生からは特に遺伝子検査はしなくていいでしょうということで検査はしませんでした

完治、その後

当時のツイートを添えて

治療が終わってからはくしゃみの頻度も減り、目のまわりの赤みもなくなりクチバシの付け根も白くなりました。

クチバシの付け根に関しては本当に感動しました。本当はこんな色だったのか…!!って。
くしゃみは何もなくてもすることはあるのでそこまで神経質にならなくていいと思いますが数日続くならば病院に行った方がいいと思います

治療を終えたその年の11月に、別の病院に健診で行った時にマイコがあって治療は終了しているけど陰性かわからない、と言ったら遺伝子検査します?と言ってくれたので検査をしてもらいました

結果、陰性。ほっとしました

そこの病院で「マイコプラズマだった場合はどんな治療をしていますか?」と聞いたら。

「うちでは抗生剤を2種類使ってダブルパンチで菌を追い詰めます」と話していたと思います

かかりつけのようにネブライザーは使わないのですか?と聞いたら「必要に応じて使う」というような返しだったと思います

かかりつけは抗生剤をあまり使いたくない(肝臓に負担がかかるので)という方針だったので、抗生剤2種類使うと聞いた時は少し驚きました

病院によっても同じ病気でも治療のしかたが違うのだなぁと勉強になりました

副鼻腔炎もマイコも、ネブライザーや鼻腔洗浄が効果があると聞いたことがあるので、もし副鼻腔炎で治療されるならばそれらをしている病院を探すといいのではないかな、と思いました

病院によって治療方針が違うので、ちょっとでも違うなと思ったらセカオピサーオピしてみるのをオススメいたします

あんずさんの病院記録はこちら

再発?再度感染?

その翌年。

6月にまたアイリングに赤みが確認でき、クチバシの付け根も赤い、くしゃみもしている。おかしいということで病院へ

検査の結果、マイコプラズマ陽性でした…

再度ネブラザイザーと鼻腔洗浄で治療したのを覚えています。

3回病院に通ってネブライザーをしてもらい、くしゃみも赤みも消えたので治ったということでよいでしょう、となったと思います

その際に先生から「検査して陰性だったのならば再感染したのかも…」と言われました。
どこでもらったのかわかりませんが再感染の言葉にとてもショックを受けたのを覚えています

先生に室内も消毒した方がいいですか?と聞いたら「そこまでする必要はない」と言われました。もともと自分が持ってる菌なので、あまり関係ないという話だったと思います

なので特に室内は消毒したとかそういうことはなかったですね。あと当時は特に消毒もしてなかったんじゃないかなぁ…(まだよく知らなかった&病院でも特に説明がなかった)

その後

それからは遺伝子検査する際にあわせてマイコプラズマの検査もしていますが陰性です

ただ、梅雨などで抵抗力が落ちると副鼻腔炎の症状(くしゃみなど)が出るのでその時は病院に行ってネブライザーと鼻腔洗浄をしてもらっています

もしかしたら症状として少し残ってしまったのかもしれないし、副鼻腔炎がもともと弱いのかわかりませんがそんな感じです

治療にかかった金額は?

検査代を入れないとトータルで3万円くらいでしょうか。治療がネブラザイザーが主体だったのでそれくらいで済んだみたいです。残った領収書を見ての大体の金額です

このくらいで済んでよかった…病気になると本当にお金がかかりますからね…
早めに治ったのでこのくらいで済みましたが治らない場合は長期治療になりますのでもっと治療費がかさみます。早期発見早期治療が非常に大事だと思います…

まとめ

あんずさんとの治療記録が誰かのお役に立てばいいなと思ってまとめてみました。もう3年くらい前の話なのであやふやな部分もあると思いますがこんな感じです

まだ若かったので治癒も早く完治したのだと思います。
本当に早め早めの治療が大事だと思いました。病院に連れていくのが遅くて、ずっと苦しい思いをさせていたのかなと思ったらもっと早くに連れていけばよかったと本当に後悔しました

今は元気になってくれて本当によかったです。
以来、自分では病気に気付かない可能性もあるんじゃないかと思って最初のうちは3ヵ月に1回健診に連れていって診てもらい、先生にわからないことなど質問していました

今でも不安ですし何か気になることがあればすぐに病院に連れていくようにしています。大抵は連れていってよかったな、という結論になっていますので、気になることがあればすぐ病院に連れていくのは非常に大事なことだと思っております(/・ω・)/

長くなりましたがお読みいただきありがとうございました

関連記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました